外国語の翻訳を進めていくうちに、どんどんと外国語が上達していくことはよくあることです。しかし「外国語の翻訳」の場合ですと、同時に日本語もどんどんと上達していきますね。たとえば、英語から日本語に翻訳する場合、英語だけではなくて日本語もちゃんと使える必要がありますからね。

だって、英語での会話はわかっていたとしても、それらをきちんと正しい言葉で伝えることができなければ、翻訳として成り立たないじゃないですか。ですからまあ、当然のことではありますけれど、外国語だけではなくて、日本語もしっかりと話せる、そして書けることが重要でしょう。

そしてだからこそ、仕事で英語から日本語へ資料の翻訳を引き受けた場合でも、英語だけではなくて日本語の能力も駆使しなくてはなりません。ですから、外国語の翻訳をすることで、外国語だけではなくて日本語も上達してくのです。

外国語の翻訳をしていますと、「ああ、こんな表現もあるよね」と、日本語に関しても思うことはありますからね。ですから外国語の翻訳にて、日本語も上達してくのです。とくに書く方が。